Company

会社概要

建物を新築段階における基礎部分からより地震に強く

日本は四つの大陸プレートがちょうどぶつかり合ってできた島国であり、そのため山脈の面積も相応に多く占めています。その結果地震が世界的に見ても非常に多いことで有名であり、大震災に負けない頑丈な建物の施工が必要不可欠なのです。特に阪神淡路大震災以降は、建物の耐震基準が大幅に改正されたため、それ以前の建物は耐震性の観点からもなるべく住むことは控える方がより安全かもしれません。その建物の耐震性を実現するにあたって、大きく分けて「柔軟性」と「強度」の二点が大きなポイントになってまいります。

前者の「柔軟性」とは揺れを吸収してしまうことであり、古来のお寺にある5重の塔がなぜ地震に耐え抜き現存しているかというと、あえて地震で柱を揺らすような設計にされているためです。後者の「強度」においては、鉄筋コンクリートでできた建物が秀でている部分であり、北関東におけるその鉄筋工事を担ってくださる職人を佐野市で求人しています。建物を柔軟かつ頑丈に仕上げるにあたって、知恵の輪のように入り組んだ鉄筋を施工していくことは大切な工程であり、大きな社会貢献にもなる、やりがいの大きな仕事です。

Company

建物の安全性を基礎部分から考えるにあたって必須の「鉄骨」とは

株式会社大和

住所 〒327-0843
栃木県佐野市堀米町3381-1
電話番号

0283-86-7801

0283-86-7801

営業時間 8:00 〜 17:00

定休日

日,祝

アクセス

その鉄筋工事を群馬一円で請け負ってまいりました。現代なりに地震に強い建物を施工するにあたって、やはり基礎部分は非常に重要なポイントであるため、多くの建物に求められています。このような需要の高い鉄筋に携わる職人の求人に佐野市で応募し、未経験から職人としてのキャリアを共に積み上げていきませんか。

需要が大きな鉄筋施工の仕事を通して群馬の建物に安心安全を提供

人がいる限り需要がなくなることがない建設業界とは

人は住居や仕事・商売をする建物などを必要としているため、少なくとも人が存在する限りは建物の建設に対する需要が途絶えることはないと考えていいのかもしれません。その建物も歴史を重ねていくことによってどんどん技術的に発展していき、古来の木造は現代においても優れた施工法であることに加え、現代なりの鉄筋コンクリート造がよりメジャーになってきております。もしかしたら未来においては、この鉄筋コンクリートにとって代わる新しい施工法の開発が進む可能性もございます。

しかしながら、少なくとも現代において鉄筋工事への需要は依然として高い状態が維持されています。これはバブル崩壊・リーマンショック・コロナショックと大きな経済的な打撃を受けた現代日本において、依然として有望な業界であるといったことも意味しています。IT・医療・電気自動車など、これらの高度で専門的な業界が不景気に関わらず需要が右肩上がりな中で、努力次第で多くの方にチャンスがあるのが、介護業界と建設業界です。この建設業界において、自分自身とその大切な家族を守っていきたいといった佐野市の方々を対象に、求人情報を公開いたしました。正社員はもちろん、アルバイトから正社員登用を目指す方のご応募も歓迎です。

「鉄筋×コンクリート」の二つの素材が弱点を補い合う

鉄筋コンクリートがなぜこれほどまでに頑丈なのか、皆様はご存知でしょうか。純粋に硬度があるといったことももちろん重要な要素ながら、鉄筋にもコンクリートにも実は弱点が存在しているため、単体では十分な強度は発揮できません。鉄筋は熱に弱く、火事で耐震性を維持するのは困難です。そしてコンクリートは引っ張られることでヒビが入りやすく、地震の際には心許ない強度になっています。しかしながら足場の組み上げ・鉄筋工事・型枠工事の三つの職種が力を合わせることで、この二つを掛け合わせ、理想的な強度を実現しているのです。

引っ張られてもヒビが入ることのない鉄筋の周りを、耐火性に優れているコンクリートで覆うことで、両者の弱点を補い合い、地震・火事の両方に耐えられる強度を実現しているのです。現在は、その鉄筋部分の施工を担う将来有望な職人を佐野市で求人しており、将来的に建物を利用する人々の安心と安全を守っていきます。この現代社会においても依然として高い需要が見込まれる鉄筋の施工に携わり、安定的な収入を実現しつつ、日本社会に職人として共に貢献していきませんか。より多くの依頼主様のご要望に、より柔軟に対応できる体制を強化するために、皆様のお力が必要です。

Photo Gallery

フォトギャラリー